健康1番 トピックス

健康診断書 様式の利用と、さらに便利な方法について2021年 07月 09日

 
健康診断書の無料様式の利用と、さらに便利な方法についてご紹介します。

 

ご相談が多いのが、健康診断報告書の作成にあたって簡単なテンプレートのような管理データが欲しいといった内容です。
そういった場合には、以下の厚生労働省ホームページに掲載されている「健康診断個人票」をダウンロードされるのが便利です。
Wordのテンプレートデータになっているので、こちらを編集して、健康診断報告書としてお渡ししていただけます。
 

健康診断のテンプレートは下記に2点あります。

健康診断報告書のエクセルテンプレート

 
★6段目…健康診断個人票(雇入時)→様式5号(1)
     :1回分の簡易な健康診断の結果を入力できます
★7段目…健康診断個人票(職員健診)→様式5号(2)
     :5回分の入力欄がある法定項目の健康診断結果を入力できます
 
 
 
 
ただ、Woedのテンプレートといっても、健康診断を受けられた方、お一人お一人打ち込みをして保存をするという手入力の作業が必要です。
地味に時間がかかってしまい、入力ミスをする可能性も出ています。
 
そこで、当社では、健康診断書の作成・管理において、健康診断のシステム化をおすすめしております。
手間のかかる健康診断報告書がさくっと作成できます。詳細については、一度ご相談ください

 


 
・入力ミスを確認作業で見つけてヒヤッとしたことがある
・結果報告書を受診者様へ早くお渡しする為に残業をしている
・基準値変更時の対応作業が限界にきている
 
  
 システムに任せてみませんか!
 
 
健康1番は、中小規模の医療機関・クリニック様向け健康診断の総合支援システムです。

 

わからないことは何でもお問合せください

専任のサポートスタッフがガッチリ対応します!

サポート窓口専用の電話番号、メールアドレスを用意しておりますので、お気軽にご連絡下さい。
また、リモートメンテナンスサービスも行ってますので、言葉で説明して頂く必要はございません。
お客様の画面を拝見しご案内をさせて頂きます。
 
 

「健康1番」システム化のメリット

  1. 各健診項目ごとに 性別×年齢範囲別 判定基準値設定ができます
  2. 各基準値の 有効期限 が設定できます(世代管理)
  3. 基準値判定結果による 自動判定(性別・年齢別・ 有効期限別) ができます
  4. 受診者(健保、企業等)ごとの異なる設定に対応(判定基準値・自動判定)できます

健康診断システム 総合サポート

 

この機会に健康診断をシステム化してみませんか。