健康1番 トピックス

【News】ALPとLDの測定法の変更(厚労省)2020年 04月 01日

2020年4月1日より、共通のものさし(測定法)が変更され、ALPの基準値は現行法の約3分の1になりました。

ALPは肝臓や胆道系の障害を調べる血液検査です。

・ALP(成人男女)基準値

 106~322 U/L → 38~113 U/L

 

・厚労省「アルカリホスファターゼ(ALP)および乳酸脱水素酵素(LD)の測定法の変更に係る対応」に関する文書をご参照下さい。

https://www.mhlw.go.jp/content/10800000/000473505.pdf

海外との測定値と互換性を持つことで、検査のグローバル化が進みます。

・現行測定法:JSCC法(日本臨床化学会) → 新測定法:IFCC法(国際臨床化学連合)

 

なお、LDの測定方法も同時期に変更となりますが、ALPとは異なり測定値はほとんど変わりません。

 

 

 

★★健診システム「健康1番」は時代の変化に対応するソフトウェアです★★

・各健診項目ごとの性別×年齢範囲の判定基準に対応

・各基準値の有効期限が設定に対応(世代管理)

・基準値判定結果による自動判定設定も性別・年齢別・有効期限別の設定に対応

・受診者(健保、企業等)ごとの異なる判定基準値、自動判定設定に対応

 

株式会社ケー・エス・ディー

 大阪 船場オフィス営業担当:山野

 名古屋サテライトオフィス営業担当:下里